牛若丸による解決

事業系一般廃棄物の
収集運搬業務における課題
収運プランナー牛若丸による解決
【その1】
乗務員の出庫後の動向は?
容易なデータ入力と運行情報の取得により、乗務員の出庫から帰庫までの
「見える化」が可能になります。
【その2】
社内と現場との連携が大変!
手書きの入力をなくすことにより、入力ミスなし、再入力の手間なし、
データ反映の遅れなし!が楽に実現します。
【その3】
営業と現場との連携が難しい!
運行情報の管理により、営業エリアの見極めと収集作業負荷への影響の
把握に役立てます。
【その4】
収益改善への取り組みが難しい!
運行情報の分析により、コース、人員の最適化が図れ、人件費、燃費の
削減など、トータルな業務の効率化が図れます。